督促手続オンラインシステム


利用上の留意事項
債権者登録事前準備
初めての方へ
サイトマップ
Q&A
裁判所ウェブサイトへ
督促手続オンラインシステムについて
まずはココをクリック! 申立類型はこちら!
2016/6/10
【JREの脆弱性について】
Java実行環境(JRE)について,以下のバージョンに脆弱性があることが報告されています。
 ・JRE8 Update77およびそれ以前
【Javaセキュリティ警告の表示について】
ご使用の際にJavaセキュリティ警告が表示される場合があります。詳細はこちらを参照ください。

2016/1/12
【Internet Explorer のサポートポリシー変更に伴う対応について】
 Microsoft 社のInternet Explorer に対するサポートポリシー変更に伴い必要な動作環境が変更となります。詳細はこちらを参照ください。

2015/12/28
【申立用プログラムについて】(※重要 必ずお読みください。)
 平成28年1月から申立用プログラムが更新されます(V2→V3)。これまでご利用いただいている商業登記認証局発行の電子証明書(法人用),住民基本台帳カード(住基カード)に加えて,個人番号カード(マイナンバーカード)に対応いたします。
 個人番号カード(マイナンバーカード)をご利用いただく場合は,更新後の申立用プログラム(V3)のインストールが必要となります。詳細はこちらを参照ください。
 なお,商業登記認証局発行の電子証明書(法人用)及び住民基本台帳カード(住基カード)を利用される方については,更新前の申立用プログラム(V2)を引き続きご利用いただくことが可能です。
  (電子証明書に関するQ&Aについては,こちらを参照ください。)


2015/12/26
【文書の文字の字形について】
 本システムでは,平成27年末に機器更新作業を予定しております。それに伴い,平成28年1月1日以降に発送される文書の文字の字形が一部変更されます。同一事件内でも,平成27年12月までに発送された文書と平成28年1月1日以降に発送された文書とで文字の字形が異なるという事象が発生いたしますが,手続の進行に影響はありません。詳細はこちらを参照ください。

2015/6/12
【Windows10について】
 督促手続オンラインシステムは,Windows10での御利用に対応しておりませんので御注意ください。

2015/4/28
【JRE7のサポート終了について】
 JRE7は平成27年4月30日に開発元のサポートが終了します。本システムにおいても同日をもってJRE7のサポートを終了します。

2015/1/31
【督促手続オンラインシステムで利用できる申立類型について】
 督促手続オンラインシステムで利用できる申立類型についてのイメージ画像を御覧いただけるようになりました。こちらを参照ください。

2015/1/13
【JRE8への対応について】
 平成27年1月5日からJRE8をご利用いただくことが可能となりました。詳細はこちらを参照ください。

2014/12/26
【進行状況照会の変更について】
 平成27年1月5日から進行状況照会における事件の検索画面が変更となります。詳細はこちらを参照ください。

2014/6/30
【Windows 8.1及びInternet Explorer 11への対応について】
 平成26年7月1日からWindows 8.1及びInternet Explorer 11をご利用いただくことが可能となりました。詳細はこちらを参照ください。

2014/4/9
【Windows XPのサポート終了について】
 WindowsXPは平成26年4月9日に開発元のサポートが終了しました。本システムにおいても同日をもってWindowsXP/Internet Explorer 6のサポートを終了します。

2014/3/24
【郵便料金変更に伴うお知らせ】
 平成26年4月1日から,郵便料金が変更されることに伴い,本システムでは,同日申立分から,次の手続費用が変更後の郵便料金の額になります。
  ・支払督促申立書の申立手続費用中,支払督促正本送達費用及び支払督促発付通知費用
  ・仮執行宣言申立書中,追加督促手続費用(変更後の郵便料金で再送達した費用)及び仮執行宣言の手続費用
 なお,複数申立用インタフェース(一括申立て)をご利用の方は,こちらを参照ください。

【民事訴訟費用等に関する規則の一部を改正する規則の施行に伴うお知らせ】
 上記規則が平成26年3月6日に公布され,同年4月1日から施行されます。
 これに伴い,本システムでは,同日申立分から,申立手続費用中,債務者が法人である場合の資格証明手数料が,764円(600円+164円)となります。
 なお,複数申立用インタフェース(一括申立て)をご利用の方は,こちらを参照ください。

2014/3/20
【Windows 8及びInternet Explorer 10への対応について】
 平成26年3月24日からWindows 8及びInternet Explorer 10をご利用いただくことが可能となりました。詳細はこちらを参照ください。
【申立用プログラムの更新について】
 新暗号方式に対応した申立用プログラム(V2.0)を公開しました(従来の暗号方式にも対応)。平成26年9月下旬以降,発行が予定されている新暗号方式の電子証明書をご利用いただく場合,こちらからインストールを行ってください。
2012/12/1
JRE7及び64bit版Windows 7への対応について

2012/1/30
Internet Explorer 9への対応について

2011/6/10
東京簡易裁判所を騙った不審なはがきにご注意ください。

2010/11/1
【管轄拡大(全国展開)のお知らせ】
 平成22年11月1日から,相手方(債務者)の住所が,北海道内(札幌高等裁判所の管轄内),青森県内岩手県内宮城県内秋田県内山形県内及び福島県内(いずれも仙台高等裁判所の管轄内)並びに徳島県内香川県内愛媛県内及び高知県内(いずれも高松高等裁判所の管轄内)にある場合も本システムを利用できることになりました。
 これにより,全国のどこの管轄の場合でも,オンラインシステムが利用できるようになりました。
2010/3/29
督促手続オンラインシステムで利用できる申立類型追加等について

2010/3/29
Windows 7及びInternet Explorer 8への対応について

2009/3/30
【申立類型名称変更のお知らせ】申立類型名称を,「利息制限法利率内」から「貸金型」,「利息制限法引き直し」から「貸金型(計算書引用)」へ,それぞれ変更しました(係属中の事件の申立類型名称も変更されます)。
2007/1/9
本日,裁判所の名称をかたり,支払命令と題する電子メールを送信して,金銭の支払を求め,そのメールの正当性として最高裁判所認証局の自己署名証明書のフィンガープリントを引用している事例の報告がありました。このメールに応じて送金等をすることのないよう,ご注意ください。督促手続オンラインシステムから電子メールによって支払督促を送信することはありません。
詳細

※お問い合わせ先