督促手続オンラインシステム 裁判所ウェブサイトへ
督促手続オンラインシステム(本システム)とは HOME

1.督促手続オンラインシステムとは
(1)

督促手続オンラインシステム(以下,本システムという)は,支払督促事件のうち定型的な処理が可能なものについて,インターネットを利用して申立てや照会等の手続を行うことができるシステムです。

(2) 本システムを利用した場合,事務所や自宅にいながら,支払督促申立てができます。また,手数料や郵便料(保管金)についても,インターネットバンキング等を用いて電子的に納付することが可能となります。
(3) 事件の進行状況についても,本システムにアクセスするだけで確認できます。
(4) インターネットによる通知等に同意した場合は,裁判所からの通知や告知を書面ではなく,インターネットを通じて受けることができます。
(5) 債務者に対する正本等の送達は,郵送で行われます。

2.手続の流れ
手続の流れは下図のようになります。本システムの特色は青字部分です。
手続の流れ図

本システムが提供している主な申立て機能は以下のとおりです。
(1)支払督促申立て
(2)仮執行宣言申立て
(3)更正処分申立て
(4)再送達上申
(5)送達証明書等交付申請
(6)申立て補正
(7)申立て取下げ

 


3.手続の方式
本システムにおける支払督促申立方式として,以下の2方式を用意しています。
◆単数申立用インタフェース(個人・法人)
 申立てを1件ごとに入力する方式です。
 裁判所の本システムホームページ上において,表示されるガイダンスに従って申立てに必要な項目を順次入力することによって,申立書を作成していきます。
 特別な知識・経験がなくても支払督促の申立てが最後までスムーズにできることをコンセプトに設計したインタフェースです。

◆複数申立用インタフェース(法人)

 複数件の申立てを1回の送信で行う方式です。
   主に継続的に支払督促の申立てを行う債権者を対象に設計したインタフェースです。
  • 社内システムで使用しているデータを元に,本システムが公開する仕様(CSVデータ仕様)に従ってCSV形式ファイルを作成していただき,このインタフェースを用いて送信していただくだけで1度に最大300件までの申立てが可能です。
  • 手数料は一括申立てされた分のまとめ払いが可能です。郵便料(保管金)は,債権者ごとに管理するので,個別の事件ごとに切手を納めていただく必要はありません
  • 申立てた事件の進行状況をCSV形式で一括してダウンロードすることができます。
  • 複数申立用インタフェース利用のためのユーザIDで単数申立用インタフェースも利用できます。

4.本システムでサポートする申立類型
本システムは,以下の申立類型について利用することができます(青字の申立類型をクリックするとイメージ画像が御覧いただけます。)。
(1)貸金
 ●貸金型
 ●貸金型(計算書引用)
 ●貸金型クレジット

(2)立替金
 ●個別信用購入あっせん
 ●包括信用購入あっせん
 ●リボルビング方式包括信用購入あっせん

(3)求償金
 ●連帯保証(根保証型)
 ●連帯保証(一般)
(4)売買代金
 ●売買代金
 ●売掛金(月払)
 ●個品割賦販売
 ●売掛金(一般)

(5)通信料
 ●回線単位
 ●契約者単位

(6)リース料

(7)複合型

(8)フレキシブル型
※ 上記以外の申立類型(請負代金(修理代金,工事代金などを売掛金として請求する場合を含む。),給料,賃料,損害賠償,過払金など)については,本システムを利用して申立てを行うことはできません。

なお,複合型については,次の12パターンをサポートしています。
貸金型(計算書引用)+貸金型(計算書引用)
貸金型(計算書引用)+立替金(個別)
貸金型(計算書引用)+立替金(包括)
貸金型(計算書引用)+立替金(リボ)
貸金型(計算書引用)+売買代金(個品)
貸金型(計算書引用)+売買代金(総合)
立替金(個別)+立替金(個別)
立替金(個別)+立替金(包括)
立替金(包括)+立替金(包括)
立替金(包括)+立替金(リボ)
立替金(個別)+立替金(個別)+立替金(個別)
通信料(5回線まで)+立替金(個別・6契約まで)
 ※貸金における「貸金型(計算書引用)」については,本システムが利息計算を行い,計算書を自動作成します。このため,利息計算パラメータの指定と貸付/返済の履歴情報のみを設定していただくことになります。

◆フレキシブル型について
CSV形式で複数件の申立てを1回の送信で行う複数申立用インタフェース(法人)による申立方式では,以下の対象類型を組み合わせて,1事件で最大4類型分までの申立てが可能です。

対象類型
(1)貸金型(計算書引用)
(2)求償金型(連帯保証(一般))
(3)立替・譲受選択型
 ※立替・譲受選択型とは,「包括信用購入あっせん立替金型」,「リボルビング方式包括信用購入あっせん立替金型」,「包括信用購入あっせん譲受債権型」,「リボルビング方式包括信用購入あっせん譲受債権型」の4類型から1類型を選択して申立てを行う類型です。

(例)
 貸金型(計算書引用)+包括信用購入あっせん立替金型+リボルビング方式包括信用購入あっせん立替金型
上へ戻る